Ruby on Rails 5 簡単インストール手順( Ubuntu Server )

Ubuntu Server 14.04LTSにRuby on Railsをインストールする手順を書いていきます。
Scaffordで簡単なRailsアプリも作ってみます。

RVMでRuby 2.3.0、Rails 5のインストール

RVMを用いて、RubyとRailsの最新安定版(Ruby2.3.0, Rails5.0.0.1)をインストールします。
Ubuntu Serverの場合は、以下のコマンドを入力してください。

Vagrantを使っている場合は、以下のコマンドを入力してください。

インストールが完了したら、一旦マシンを再起動します。

Scaffoldで簡単なRailsアプリを作成

Railsがインストールされたか確認します。

test_appというアプリを作ります。

ScaffordのGenerateでUserモデルを作成します。
ここではNameとAgeというカラムを持つモデルとして定義します。

モデルとビューとコントローラー等のひな形が作成されました。

テーブルを作成してくれるマイグレーションファイルも作成してれるので、migrateを実行します。

これでテーブルが出来たので、さっそくアプリを起動します。

ブラウザで「localhost:3000」にアクセスしてみましょう。
以下のような画面が表示されれば、Rails Serverがうまく立ち上がっています。
Ruby_on_Rails

先ほど作成したUserモデルにアクセスしてみましょう。
「localhost:3000/users/」とURLを入力します。
Userモデルに対応したページのひな形ができています。「New User」をクリックしてみましょう。
users_index

NameとAgeの入力欄が出てきて、登録ができます。
users_new

以上でRuby on Railsをインストールして、簡単なアプリを起動させるところまでの説明をおわります。


PAGE TOP