e-ラーニングシステム「Moodle」をCentOS7にインストールする

e-ラーニングシステム「Moodle」をCentOS7にインストールする方法を記載します。
Moodleはオープンソースのe-ラーニングシステムとして、日本の大学や企業でも採用されています。

Moodle公式サイトのデモはこちら

PHP各モジュール、MySQLのインストール

1. PHPと各モジュールをインストールします。

2. MySQLを使うため、CentOS7に最初から入っているMariaDBを削除します。

3. MySQLをインストールします。

4. Moodleでは高速化モジュールOpcacheの使用が推奨されているため、Opcacheをインストールします。

5. php.iniに以下を追加します。

6. MySQLの起動

7. Apacheの起動

8. MySQLにデータベースとユーザーの追加

9. Moodleのソースを配置

10. サーバーの80番ポートのアクセス許可の設定

Moodleのインストール

1. ブラウザでサーバーにアクセスします。言語に日本語を選択し「次へ」をクリックします。

moodle1

2. パスを入力してOKなら「次へ」をクリックします。

moodle2

3. データベースの種類でMySQLを選択します。

moodle3

4. データベースのホスト、データベース名、ユーザー名、パスワード等を入力して「次へ」をクリックします。

moodle4

5. ライセンスについて読み、OKであれば「続ける」をクリックします。

moodle5

6. PHPと拡張モジュールなど環境が正しく設定されていることを確認して、「続ける」をクリックします。

moodle6

7. インストールが始まるので、全て「成功」していることを確認して、「続ける」をクリックします。

moodle7

8. 管理ユーザ名やメールアドレス等を入力して、次の画面に進みます。

moodle8

9. サイトの概要を入力して、「変更を保存する」をクリックします。

moodle9

10. 設定が完了して、管理画面にログインした状態になります。

moodle10

以上で、e-ラーニングシステム「Moodle」をCentOS7にインストールする説明をおわります。


PAGE TOP